2010年01月18日

<ハイチ地震>日本赤十字社スタッフ 調査のため現地へ出発(毎日新聞)

 大地震に襲われたハイチの被災状況を調べるため、日本赤十字社は13日、監査室参事の白田尚道氏(56)を首都ポルトープランスに派遣した。現地スタッフらと約2週間、情報収集にあたる。日赤は救援チームの派遣準備を進めているという。

 白田氏は05年スマトラ島沖地震などでも救援活動に従事。成田国際空港で出発前、「発展途上国なので衛生状態などが心配。被害はさらに拡大すると思う」と話した。

 また、日赤は救援活動の支援金2000万円を国際赤十字に寄付した。【斎川瞳】

【関連ニュース】
ハイチ地震:首都「壊滅的な被害」 家失い路上に数千人
地震:カリブ海のハイチでM7.0 数千人が下敷きか
地震:ハイチでM7.0 島崎邦彦・東京大名誉教授(地震学)の話
地震:ハイチでM7.0、首都直撃 大統領宮殿倒壊、数千人下敷きか
ハイチ地震:家失い路上に数千人 停電の夜、余震におびえ

入院基本料の「適正化」、引き下げなら反対−日医(医療介護CBニュース)
阪神大震災、遺族半数「悲しみ癒えず」(読売新聞)
替え玉で免許証切り替え スリランカ人の男2人逮捕 警視庁(産経新聞)
「借りたカネは返すな!」著者 脱税指南容疑で逮捕(産経新聞)
<ひき逃げ死>救助男性の目前に後続車 福島・いわき(毎日新聞)
posted by 小次郎 at 15:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。